八女の歴史は伝統工芸品とともに歩んできた歴史でもあります。

江戸時代には手作業もふくめた商工業がさかえ、八女福島は、在方(ざいかた)町(農村地域の商工業の中心地)として職人や商人などが集まって町ができました。そのころの面影が白壁の町並みとして今も残っています。


 このように、昔ながらの町並みのなかで、

研き上げられた職人の技が今も大切にされているのが八女の素晴らしさなのです。

八女の伝統工芸
  • Facebook
  • Instagram
  • weibo

Copyrights 2018 YAME CRAFTS JAPAN