八女は、良質な竹の産地で、それを使って丈夫で長持ちする竹細工が昔から多く作られてきました。かごやざるには様々な工夫があり、ふちを強くする「当て」と呼ばれるひごは八女の特徴的なものです。

◇ 竹細工の編み方は120種類

 

 

八女竹細工は、身近な生活用具として使われてきました。

竹の編み方は様々なものがあり、用途により使い分けています。基本的な編み方は、四つ目・六つ目・八つ目・網代(あじろ)、ござ目、縄目などがあり、それぞれの編み方を組み合わせることで装飾的な多様な模様をつくり出すことができます。

文字を編んだり、立体的に編んだり、2色の竹を組み合わせ、建築材料や照明器具など様々なものに形を変えて使われています。

八女の伝統工芸
  • Facebook
  • Instagram
  • weibo

Copyrights 2018 YAME CRAFTS JAPAN